11.443 高校生は国家試験に合格しない 2011

すべての最低 11.443 高校生 0,78 パーセントは国家試験に合格しなかったと宣言されました 2011. この数は、昨年の失敗した割合と比較して少ない 0,96 パーセント. 国家教育省のデータから, 金額は、国連に登録したすべての学生から計算されます, つまり 1.476.575 学生.

しかし, 途中, 学校の成績やレポートカードが含まれていない学校があります. その結果、何千人もの生徒が負けました 40 合格点のパーセント. “誰がその値を入力したか 1.467.058 または 99,36 パーセントまたはそこ 9.517 データを提供しない,” 国家教育相モハマドノアは記者会見で述べました, 金曜日 (13/5/2011) ジャカルタの午後.

その間, 国連を取らなかった学生がいた 5.117 または 0,35 パーセント. 評価プロセスを経た後, から 16.835 国連を何度も通ったインドネシア中の高校生 1.461.941 学生. 今年国連を通過した高校生は 1.450.498 学生または 99,22 パーセント.

このエントリは投稿されました 教育ニュース とタグ付け . ブックマーク パーマリンク.