年末評価 2018 プログラム日本語パートナー

水曜日に, 日付 6 2月 2019 その後, 教員代表 (もみじ) 州立高校の日本人 110 国際交流基金の日本語パートナーの年末評価プログラムに参加. SMANの代表教師 110 それはアンディ・フィトリです, S.S. と神の愛の贈り物, S.Pd.

日本語評価 2019

イベントは国際交流基金ジャカルタが主催しました, ジャカルタ国際交流基金ホールにあります. あそこ, にほんごパートナープログラムに参加している様々な学校の同行の先生は、教育と学習活動についての反省を与えました, 特に、ネイティブの教師パートナーとのコラボレーションが多かれ少なかれ続いてきた方法について 6 各学校の月.

このエントリは投稿されました 高校の活動 110 とタグ付け , . ブックマーク パーマリンク.