高校教師 110 インドネシア人口連合セミナーに参加する 2019

ポルノの発達, 特にガジェットを介して (河合) すでに心配しています. テクノロジーはよりスマートなツールになるために使用されるべきです, 知識とスキルを養う. しかし, 今では、ポルノの普及により、若い世代に脅威となるマイナス面があります。.

したがって, 木曜日に, 日付 5 12月 2019, SMANの教師代表 110 ジャカルタはインドネシア人口連合が主催するセミナーに参加しました (KKI) DKIジャカルタ州およびジャカルタ州立大学 (UNJ). この活動自体がテーマです, “ポルノ中毒は若い世代を脅かす”.

UPT Library Hallフロアにあります 1 UNJ, この活動のスピーカーとして活躍したのは、エルヴィデルビアーナさんでした。, M.Psi, UKIからのカウンセリング講師 (リソースパーソン 1) とDR. KKIのInge Hutagalung (リソースパーソン 2). SMANからも 110 トリエンダー夫人, S.Pd. (BK先生).

今このような時代に, 学校での教師の仕事は生徒に理解を与えることです. 健康的なテクノロジーへのアクセスを利用するように学生に指示できます. インターネットは知識を磨くために使用されます, スキル, 責任感をもって使ってください.

このエントリは投稿されました 高校の活動 110 とタグ付け , . ブックマーク パーマリンク.