Eレポートカード使用トレーニング

学年の二学期の終わり頃です 2016/2017, 生徒の学習成果を共有するプロセスは、学校によって直ちに実行されます. したがって, SMAN 110 すべての生徒の学習成果を要約するために、教師がE-Raporソフトウェアを使用するためのトレーニングを実施する.

このソフトウェア自体は教育文化省から送信され、Dapodikシステムと統合されています (基礎教育データ) 値を直接教育文化省にエクスポートできます. これにより、インドネシア全土で学習成果のモニタリングが容易になります.

研修はSMANホールの部屋で行われました 110 ジャカルタ, 講師Irwantoro Nuringtyasと, S.Kom dan Bapak Sa’dullah. トレーニングは7:00から始まります 08.00 午後遅くまでWIB 14.00 WIB. ラマダンの月に訓練が行われますが, 先生たちはイベントに熱心で熱狂的だった.

このエントリは投稿されました 高校の活動 110 とタグ付け , . ブックマーク パーマリンク.