スマン 110

公立高校 110

EnglishBahasa Indonesia日本語

果物栽培の育成とカウンセリング

ホームページ » 高校の活動 110

水曜日と木曜日, 29-30 九月 2010, 公立高校 110 北ジャカルタ農林サービスチームの特別ゲスト. 彼らの高校への到着 110 果物栽培のガイダンスとカウンセリングのイベントの文脈で (生産的) 北ジャカルタ農林副局の植林活動の一つとして. サービスオフィスのチームは、農林サービスの責任者で構成されています, Ir Jaja Suarja氏, 北ジャカルタの農林業部門の諮問チームの同僚とともに.

bu-aカスディン北ジャカルタの農林業, Ir Jaja Suarja, インドネシアはその森林で起こった破壊で有名であると付け加えました. したがって, 政府はかつてプログラムを立ち上げました “ワンマンワンツリー” インドネシアで. ポイントは、現在起こっている地球温暖化を克服することです. “地球を温めることは木を植えることによってのみ行うことができます”, 彼は言った.

次にブルハニ氏, 農林副部門から, 果物の植物は単に (マンゴー, グアバ, パラミツ, 等々), しかし、保護植物と緑化植物の両方にもなります. 高校向け 110, マンゴの木は、この農林副部門の訪問で植えられるべき選択です.

午後遅く, その後、州立高校の生徒と一緒に北ジャカルタ農林省によってマンゴーの木を植えることにより、イベントは終了しました 110 ジャカルタ. 奉仕の形からの最初の木の寄付 40 マンゴーとグアバの木が学校の周辺に植えられる.

bu-a

bu-a

bu-a

に公開 30/09/2010   |   カテゴリを書く 高校の活動 110