SMANでの3ヶ国語セミナー 110

に 6 2月 2014 その後, SMAN 110 ジャカルタには、3つの異なる文化的要素をもたらす特別ゲストがいます。; 英語, 日本, とトルコ. 彼らの到着は州立高校で開催された一連の多言語セミナーイベントです 110 ジャカルタ. このイベントには、語学教師や高校生が参加しました 110.

テーマを運ぶ “言語で夢を実現”, このイベントは元のスピーカーで埋められました (母語話者) それぞれの分野で有能な人. セミナー自体は3つのセッションに分かれていました, ミス・マリッサ・マルセラがオープン (中国), ミス・マリー (日本), そして、テーマをもたらした同僚 “人生は選択であり、いじめっ子を気にしない”. ミス・マリッサ・マルセラは、ティーンエイジャーとして正しい人生を選ぶ方法についてのヒントを提供し、「いじめ」に反応しないようにティーンにアドバイスをします.

セミナー 3 高校の言語 110

2番目のセッションは王立委員会によって継続されました, ジャカルタ州立大学の講師でもある (UNJ). 彼は日本に住んでいる間に彼の人生経験の多くを語っています, 日本への奨学金を取得する方法についてのヒントを学生に提供します.

継続するコマラムリア, セミナーの3番目のセッションは、アンディウィグナ月間で埋められました, イスタンブールにあるトルコのファティ大学の卒業生. アンディはトルコの奨学金について物事を届けたので、イベントはかなり暖かく行われました, またはトルコの言語が呼び出されます “バス”.

イベント自体はSapnah Rahmawatiが主導しています, IPB学年のクラスXIIの生徒 2013-2014. イベントの主催者は高校の言語教師です 110, つまり、ダイアナさんの愛 (インドネシア語教師), Sri Budianingsih夫人 (英語教師), とシティ・ハリマ (日本人教師). セミナーが始まる前, プロローグは各学年の代表者によって提供されます, つまりラフィ (10 言語), 押印メガビンタン (11 言語), そしてSapnah Rahmawati (12 言語).

校長へようこそ 110

オープニングレセプションで, 州立高校の校長 110, Hさん. すはるその, 言語スキルを身につけることは、人生のスキルを高めることを意味することを説明する. きっとこれらのスキルは彼にとって役立つでしょう, 特に現在の世界的な時代に直面して. 彼はまた、この種の活動が毎年州立高校で継続できることを望んでいます 110.

このエントリは投稿されました 高校の活動 110 とタグ付け , . ブックマーク パーマリンク.